気が付けば頑張ってる私。

お役目とか使命とか見付けたつもりで頑張ってしまう。

 

そうやってムリヤリ自分を高めたあとは、ひたすら自分のポンコツな部分を認める作業を繰り返す。

 

そしてまた気が付けば頑張ってるし、気を抜くとまた高めようと努力してしまう。

 

同じことの繰り返し。

 

頑張ると一気に状況は滞り出すし、もう本当の意味で脱力するしかなくなる。

 

もうどうにでもなれ。

 

考えても仕方がないんだから、もうひたすら感謝し続けよう。

 

今ある幸せ、気付けた幸せ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4月1日のメッセージ。

なぜ地球での学びを選んだのか。

 

それはありのままの自分の素晴らしさ思い出すため。

 

思い出すというより、思い知る、の方が当てはまるかも。

 

ありのままの素晴らしさ認めないと、ここから先には進めません。

 

ひたすら自分の素晴らしさを実感せざるを得ない現象が引き起こされるでしょう。

 

ただ認めるだけ。

ただ味わうだけ。

ただ受け取るだけ。

 

それが苦くて苦しい試練に感じるのは、自分の素晴らしさに気付いていないだけです。

 

 

自分を甘やかして、

頑張りたい時だけ頑張って、

会いたい人に会いに行かせて、

自分をとことん愛でるだけで世界は拡がります。

 

 

それを存分に味わいましょう。

 

 

 

 

ただあなたは存在するだけでいいんです。

 

それを思い知る経験を今日から体験していきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

良かったね、と思ってしまった。

志村けんさんがお亡くなりになりました。

 

たぶん知らない人はいないであろう、昭和のスーパースター。

 

そんな偉大な方の訃報を知った時に、私はなぜか「あー、良かったね」と思ってしまいました。

 

なんでそんな風に思てしまったのか、自分の感覚を探ってみました。

 

 

たどり着いた答え。

それは彼自身の魂の望みだったから。

 

 

このままコロナを克服すれば英雄として讃えられただろう。

 

 

でもそれは彼の魂の望みではない。

 

彼は生涯お笑い芸人として笑わせる人生を貫きたかったんだと思う。

 

 

だからコロナで死んじゃったよーって、笑っていじってもらえる生き方を選んだんじゃないのかな?

 

こんな勝手な憶測で不快に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、あくまで私が感じた1意見ですからね!

 

 

最後まで自分の美学を貫いた、志村けんさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

大切なことだけど余計なこと。

気のおけない間柄だからこそ遠慮してしまう不思議。

 

かけがえのない人

大切な人

運命の人

 

たった一人のイメージだったけど複数になってきた。

 

 

 

 

大切に思うからこそ相手に配慮しちゃうし、それが相手から見たら犠牲になってるみたいに見えるのかもしれないね。

 

 

 

嫌われたくない

嫌われるわけがない。

 

 

 

 

 

そこも気にしなくていいのか。

 

 

 

 

正解を求めてしまうクセがなかなか抜けないね。

 

 

 

大切って思う気持ちだけ大切にしよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

状況の変化。

神様ってすごいよね。

 

人の知識やら経験やらが全く役に立たないことを平気でやってのけちゃう。

 

人の意識を一変させるための、それぐらい今は重要な変化の時。

 

この状況をいかに冷静に乗り切るか。

 

楽しむって言っちゃうと不謹慎って怒られるのかな?

 

ま、怒られようが楽しむしかないんだけどね。

 

 

そして私の取り巻く環境も、節分以降の変化が凄まじいなんてもんじゃない!

 

仕事も人脈も一変して仲間も一気に増えたし、以前と同じ登場人物は母親だけかもね??笑

 

 

軽やかな意識とめちゃくちゃ心地良い環境でどんどん未来が加速していく感じです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心にもない言葉。

人は何気なく発言する。

 

ちゃんとポリシーを持っての発言なんだけど、どこか違和感を覚えているのも確かなこと。

 

そしてその違和感をあぶり出す現象が巻き起こる。

 

 

自分を安売りしないって言ってたのに、安売りしてたのは自分自身だったよ。

 

楽しいからって違うって言葉でごまかしてたけど、それがイヤだと思っている自分も存在していた。

 

 

気付いたんだから手放そう。

 

もう絶対に安売りはしない。

 

 

自分の価値を高めよう。

自分の価値を認めよう。

 

 

 

 

 

 

生きてる側の魂。②

なんで複雑に感じるのか、私なりに掘り下げてみた。

 

 

人に会えなくなる寂しさ、悲しさからエネルギーは重くなる。

 

でも亡くなった側の魂のエネルギーって軽いんです。

たぶん想像の3倍くらい。

(あくまで私の主観ですがっ!)

 

 

だから波長が合わなくてメッセージが伝わりにくいのかもね。

 

 

アドバイスとしては生前に接していた時の楽しかった時の波長を思い出してみて欲しいです。

 

 

 

肉体から離れても魂は死なない。

 

それは性格も同じことで、肉体が無くなったことによってその個性はさらに強調される。

 

 

 

 

なので私のアドバイスは参考程度にお願いします!