魂の望むこと。

自分に素直に生きると決めたけど、なかなか前に進めなくて悩んでいました。

 

でもそれは自分の魂の望むことを避けて通ろうとしていたことに気付かされる。

 

魂の望むことに現状は関係ない。

 

それは自分一人の力ではどうしようもないことであったとしても。

 

それを望んでるって認めるだけ。

叶う叶わないは別の問題。

 

それだけのことさ。

 

 

 

ただただ自分の非力さに打ちひしがれる。

 

 

今回のダメージは大きいぞ。